Top >  自動車保険とは >  自動車保険の年齢制限1

スポンサードリンク

自動車保険の年齢制限1

自動車保険には年齢による制限があります。
よく聞く話ですが、免許をとったばかりの若者と、何十年も運転しているベテランを
比べると、若い人のほうが事故のリスクが高くなります。
そこで事故のリスクが低いベテランドライバーの保険料を下げるための制度が
この年齢による制限です。

自動車保険の年齢制限は、基本的に4つの分け方があります
1・全年齢担保(すべての年齢の人が保険の対象になる)
2・21歳以上担保(21歳以上の人が保険の対象になる)
3・26歳以上担保(26歳以上の人が保険の対象になる)
4・30歳以上担保(30歳以上の人が保険の対象になる)

例として21歳以上担保の場合、
21歳の人が運転して事故をおこした場合保険が適用されますが、
20歳の人が運転して事故をおこした場合は保険が使えません。
そのため自動車保険を契約する際は、
その車を運転する中で最も年齢の低い人を基準にしなければなりません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 一般車両保険とは?  |  トップページ  |  次の記事 自動車保険の年齢制限2  >