Top >  自動車保険とは >  自動車保険のノンフリート等級制度1

スポンサードリンク

自動車保険のノンフリート等級制度1

自動車保険で使われる、ノンフリート等級制度とはどのような制度でしょうか?
ノンフリート等級制度とは、一般的に個人が契約する自動車保険の割引率や割増率を決める制度です。

ノンフリート等級制度の原則は保険期間中に事故が1回あれば3等級加算されてしまい、
逆に事故を起こさなければ1等級減るというシステムになっています。

たとえば、現在13等級の人が1度事故を起こした場合、翌年は10等級になりますが、無事故であれば14等級に上がり割引率がさらにアップします。
そしてそのまま、保険期間中に無事故を続けていけば最終的には、
最大20等級までカウントされ割引がアップします。

もっともこれらの等級カウント方法にも例外もあります。
保険事故に数えられないノーカウント事故や、等級がそのまま翌年も据え置きになる、
等級据え置き事故などもあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 自動車保険の家族限定特約  |  トップページ  |  次の記事 自動車保険のノンフリート等級制度2  >