Top >  自動車保険とは >  自賠責保険という自動車保険2

スポンサードリンク

自賠責保険という自動車保険2

自賠責保険では、一回の事故で何台もの車や被害者が巻き込まれた場合は、それぞれの被害者に対して保険金の支払いがされるようになっています。
自賠責保険で下りる保険金の金額を調べると、死亡した場合には3000万円、亡くなるまでの傷害に対しては120万円、傷害をおったときについては120万円、後遺障害が残った場合には4000万円と金額的にとても物足りないと感じられると思われます。
また、自賠責保険の規定によって、保険金が思ったほど下りない場合も十分あります。そのような事態も考えられるため、任意保険にも加入しておくのが一般的です。
また、自賠責保険では被害者が直接加害者の契約会社に請求できるという特徴があるのですが、被害者側に重大な過失があるとされた場合は、減額か、もしくは保険金は支払われない場合があります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 自賠責保険という自動車保険1  |  トップページ  |  次の記事 自動車保険の基本・任意保険の必要性1  >