Top >  自動車保険とは >  自動車保険と車両保険について2

スポンサードリンク

自動車保険と車両保険について2

車両保険という自動車保険は、かける際の保険金額が、契約をしようとするクルマの年式や種類など、いわゆる「時価」というものを基にして決められることとなります。
例えば、50万円程の値うちしかないとされるクルマに対して車両保険を使って300万円の保険を掛けることは基本的には無理となっています。
ここで言う、車の時価というものは保険会社サイドで、最新の車の時価のデータに基づいて決められることになります。実際のところ、この部分で保険会社と車のオーナーの意識のズレが大きい場合がよくあります。
評価の違いで、いざと言うときに、保障金額が少なすぎたりする例は多くあります。
しかし、車が使えなくなると仕事に支障をきたしたり、生活上どうしても車が必要な方は、万が一の時の為に,このような車両保険に予め加入しておく事をお勧めします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 自動車保険と車両保険について1  |  トップページ  |  次の記事 自動車保険・「賠償責任保険」とは?  >