Top >  自動車保険とは >  自動車保険・人身傷害保険とは?

スポンサードリンク

自動車保険・人身傷害保険とは?

損害の実損額を補償する保険が、「人身傷害保険」です。
もうひとつ「搭乗者傷害保険」というものもあります。これは、契約者がケガをして医師の治療が必要とされ、5日以上の入院と通院した治療日数になったときに適用される保険です。ケガをした部分、または症状に応じて定額の保険金が支払われます。
この人身傷害保険も大事ですが、一般的に、自動車運転者が「入るべき」基本の保険は以下の4つとされています。
1.自賠責保険
2.対人賠償保険
3.対物賠償保険
4.搭乗者傷害保険 または 人身傷害保険
「搭乗者傷害保険」は実損額を補填(ほてん)する保険ではありません。また補償されるのは乗車中だけとなります。そのため、契約者が払う保険金の金額は低く設定されています。またこの保険では治療費とは別に保険金を受け取れます。

また一方の「人身傷害保険」は「乗車中」だけではなく乗車していないときも、契約車ではないときも含まれます。そのため補償が幅広くなります。もっとも、実損額を補償する保険でもあるため、保険金額が比較的高額になります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 トヨタ自動車の健康保険組合  |  トップページ  |  次の記事 JAの自動車保険について1  >