Top >  自動車保険とは >  自動車保険・「賠償責任保険」とは?

スポンサードリンク

自動車保険・「賠償責任保険」とは?

「賠償責任保険」というのは、相手に人的損害や物的損害を与えてしまった場合に賠償金の支払いを補償するサービスです。
「賠償責任保険」には「対人賠償責任保険」と「対物賠償責任保険」が存在します。
「対人賠償責任保険」は、交通事故をおこし「他人」に対して死亡や障害をおわせた場合、自賠責保険を越える部分について補償される保険です。この保険の場合重要な保険なため、無制限で補償されるような保険商品と契約する方が良いでしょう。
「対物賠償責任保険」とは交通事故をおこし「他人の財物(ざいぶつ)」に損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合に補償される保険です。
自賠責保険は「対人保険」で「対物保険」ではありません。そのため、交通事故によって「他人の財物」に損害を与えても自賠責保険はまったく補償しません。
このため「対物賠償責任保険」も必要な保険といえるでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 自動車保険と車両保険について2  |  トップページ  |  次の記事 自動車保険の「対人賠償」での「過失割合」とは?  >