Top >  自動車保険とは >  自動車保険の「対人賠償」での「過失割合」とは?

スポンサードリンク

自動車保険の「対人賠償」での「過失割合」とは?

自動車保険の保険金の支払いに大きな影響を及ぼす「過失割合」とは、「当該交通事故における双方の過失の度合い」のことをさします。過失割合は、おおよその基本ラインがあり、それは、過去の裁判例(判例)をもとにしています。損害保険会社が保証金の示談交渉をする場合も、この基本ラインをもとにして過失割合を決めます。
事故の連絡を受けた保険会社の担当者はすぐに現場へ行きます。そしてここで最初に行うことが「過失割合」の調査です。
「過失割合」によって補償される保険金の額が大きく変化します。 相手方に賠償される保険金は、当方の過失割合分だけです。これには、実際の判例などに基づき、お互いの過失の割合を判断し、それぞれに応じた額が支払われることになります。
自動車保険の「対人賠償」では「過失割合」が大きなポイントとなるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 自動車保険・「賠償責任保険」とは?  |  トップページ  |  次の記事 三井ダイレクトの自動車保険について1  >