Top >  自動車保険とは >  自動車保険・傷害保険「無保険車傷害保険」とは?

スポンサードリンク

自動車保険・傷害保険「無保険車傷害保険」とは?

対人賠償保険に加入していない「無保険車」が交通事故の相手の場合があります。
これは、公道を走る自動車の15%は、任意の対人賠償保険に加入していないといわれています。交通事故の相手が、任意保険に加入していない場合には、自賠責保険の限度額内でしか補償されません。
例えば死亡事故の場合だと3,000万円が限度額となり、即死であれば、ケガした場合の120万円が追加されます。賠償金がそれを越えた場合には補償されません。現代は、自動車保険の判例は高額賠償に移行しています。
このような「無保険車」との事故の確率は10回に1回~2回ともいわれています。このように事故相手が「無保険車」で、こちらが傷害を負ったり、または死亡してしまった場合には、自分が契約している対人保険と同額の範囲内、または無制限で加入している場合には、2億円を限度として、「無保険者傷害保険」の補償を受けられます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 自動車保険とは?2  |  トップページ  |  次の記事 自損事故保険とは?  >