Top >  自動車保険とは >  自動車保険・傷害保険「人身傷害保険」とは?

スポンサードリンク

自動車保険・傷害保険「人身傷害保険」とは?

自動車保険のなかでも傷害保険である人身障害保険とは、自動車事故によって被保険者が死亡したり後遺障害やケガを負った場合に補償されるうえに、加えて本来加害者から賠償金を受け取ることのできない部分である「自分自身の過失部分」も含めて損害額の「全額」を基準に補償される保険です。

「搭乗者傷害保険」は、この「人身傷害保険」と似ている部分は「契約自動車」に乗っていた人全員が補償されるという部分です。
「人身傷害保険」と「搭乗者傷害保険」が大きく異なる部分は、補償される場合が「『乗車中』に限られるかどうか」という点です。
人身傷害保険の場合では、補償の範囲が契約している自動車に乗車中のときだけではなく、契約している自動車「以外」に乗車している場合も含まれます。さらに歩いているときでも補償されます。
しかし、搭乗者傷害保険の場合には「乗車中」に限られています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 自損事故保険とは?  |  トップページ  |  次の記事 自動車保険の基礎1  >