Top >  自動車保険とは >  自動車保険のランク区分

スポンサードリンク

自動車保険のランク区分

自動車保険のランク区分は、ドライバーのプロフィールや過去の事故データ、
所有する自動車の種類などを、ドライバーのリスク(危険度)に応じて区分しています。
自動車保険会社はそのリスクを計算して、リスクの少ない契約者の保険料は安くし、
リスクの高い契約者には一定割合で保険料を負担してもらう、という方法をとっています。
これが、リスク分散型自動車保険です。

もとより、自動車保険というのは、事故に遭う率とその想定される損害の大小=リスクによって保険料が決められます。
このようなリスクを、昔以上に細かく分けて保険料を算出した自動車保険が、
「リスク細分型自動車保険」と呼ばれています。
自動車保険の自由化以前も、車種やドライバーの年齢、事故歴など項目によって保険料は変えられていましたが、自動車保険基準の自由化以降、さらに細分化されたのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 自動車保険を選ぶ基準  |  トップページ  |  次の記事 リスク分散型自動車保険  >