Top >  自動車保険とは >  リスク分散型自動車保険

スポンサードリンク

リスク分散型自動車保険

自動車保険の中でも、テレビCMなどで盛んに謳われる、リスク分散型自動車保険とは、
個々の契約者のニーズに応じて保険料を設定できるという自動車保険です。
つまり、危険度の高い契約者の保険料は高く、危険度の低い契約者の保険料は安くなる
という自動車保険です。

リスク分散型自動車保険の場合、保険業法施行規則によれば、
年齢/性別/運転歴/使用目的/使用状況(年間走行距離など)/車種/
安全装備(エアバッグ・ABS・衝突安全ボディなど)/所有台数/地域
などの9つのリスク要因を基に保険料の差をつけられるようになっています。

もちろん、すべてのドライバーの保険料がリスク細分型自動車保険にすることで、安くなるわけではありません。
テレビCMを見ていると、「リスク細分型」=「保険料が安い」というイメージを植えつけようとしていますが、あくまでも安くなるドライバーの方が多いというだけです。

たとえば、事故率の高い高リスクにあてはまるドライバーは、保険料がこれまで以上に
高くつく可能性があるということも、知っておかなければなりません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 自動車保険のランク区分  |  トップページ  |  次の記事 リスクの少ないドライバー  >