Top >  自動車保険とは >  リスクの少ないドライバー

スポンサードリンク

リスクの少ないドライバー

自動車保険はリスク細分型の導入することで、リスクの低いドライバーの保険料は安くなり、
無駄な保険料を省けるようになりました。
リスク細分型自動車保険を選択したドライバーは実際に、従来の保険料より、
3~4割程度の大幅な節約ができた人も多いようです。
しかし気をつけなければならないのは、リスク細分型自動車保険を選択することで、
全てのドライバーの保険料が安くなるわけではありません。事故率の高いリスク区分に
当てはまるドライバーは、保険料が今以上に高くなる可能性があるのです。

自動車保険会社からすれば、事故を起こすリスクの少ないドライバーに契約してもらう
方が利益も上がります。
ドライバー側からすれば、自動車保険料に関係なく普段から安全運転を心がける必要が
あるのです。その上で、いくつか合見積もりを取り、どのような保険を選ぶのが
結局一番よいのか比較することが重要なのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 リスク分散型自動車保険  |  トップページ  |  次の記事 車両保険とは?  >