Top >  自動車保険とは >  一般車両保険とは?

スポンサードリンク

一般車両保険とは?

自動車保険の中で、一般車両保険といわれるものは
設定された7種類の損害すべてが補償範囲です。その分かなり保険料が高くなりますが、
単独事故や当て逃げによる損害までもカバーされるので、車両保険としては完全なもの
だといえるでしょう。

エコノミー+A特約は、
車両保険でも「エコノミー+A特約」になると、単独事故と当て逃げを一般車両保険の項目から除外されていますが、
盗難のほか、前車の跳ね上げた小石で窓ガラスが破損したようなケースでも保険金が支払われます。
一般車両と比べると保険料はかなり安くなります。
エコノミー
「エコノミー」は、他車との接触などによる損害だけしかカバーしないため、最近多いクルマの盗難などのリスクがある場合は熟慮した方がよいでしょう。
「エコノミー」は盗難補償がないので、高級車や人気モデルに乗っているドライバーは、上のランクの車両保険をお勧めします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 車両保険とは?  |  トップページ  |  次の記事 自動車保険の年齢制限1  >