Top >  自動車保険とは >  自動車保険・搭乗者傷害保険とは何か?

スポンサードリンク

自動車保険・搭乗者傷害保険とは何か?

搭乗者傷害保険とは、保険に加入している自動車に乗車している人‥つまり、「同乗者」や「運転手」が「死亡または障害」を負った場合に、医療保険金として支払いがされる自動車任意保険をさします。
「急激かつ偶然な外来の事故」にあたると認められた場合、多くのケースで支払が認められます。しかも、この保険は補償範囲が広く、「搭乗者」には自動車に乗っている人全員が含まれるのです。
そのため、乗車中にケガをした場合には、必ず保険会社に連絡をして請求をすることが望まれます。
また、「搭乗者傷害保険」のメリットとしては、要件さえ満たせていれば、これを請求しても等級は下がりません。また、請求した場合の保険金支払いも比較的簡単に行われます。
自分自身で加入している「搭乗者傷害保険」であっても、保険会社に請求した場合、保険金がおりるので積極的に請求するべきでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 三井ダイレクトの自動車保険について2  |  トップページ  |  次の記事 保険金の支払方法は二種類あります  >