Top >  自動車保険比較 >  自動車保険の基本・任意保険の必要性1

スポンサードリンク

自動車保険の基本・任意保険の必要性1

自動車保険の中で、自賠責保険は加入を義務づけられていますが、それ以外にも任意保険に加入することが一般的になりました。なぜなら、自賠責保険だけでは大きな事故になった場合に、往々にして賠償がまかないきれなくなってしまう場合が多いからです。
特に自賠責保険の賠償範囲では、相手に対する賠償部分しかカバーできないことになっています。そのため、自分の車の修理代や、事故によって壊してしまった周辺の電柱や、家屋、店舗などを修理する費用などを自賠責では支払えません。
そして、その賠償金額はかなりの額に上るのです。人を傷つけなくて安心するのもつかの間、あとで目が飛び出すほどの弁償金が、請求されるのが常なのです。
任意保険は、その不足部分をカバーしてくれるのです。保険金の負担がどうしても気になるでしょうが、自賠責保険だけでは、まず事故を起こしたときの賠償金はすべてまかなえないものだと考えてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 自賠責保険という自動車保険2  |  トップページ  |  次の記事 自動車保険の基本・任意保険の必要性2  >