Top >  自動車保険ランキング >  自動車保険の不払問題について1

スポンサードリンク

自動車保険の不払問題について1

自動車保険で不払問題が起きてしまったのはどこに問題があったのでしょうか?ひとつは、自動車保険は複雑になりすぎた商品であるということが指摘されています。
あまりに複雑すぎて、自動車保険の代理店も、本社の支払い部門も支払わなければならないことに気がつかないぐらい、複雑になってしまったのです。
その元凶と始まりは外資系・通販自動車保険が参入したことに始まります。この、外資系・通販自動車保険の参入してきたことにより、自動車保険業界は過酷な価格競争をもたらされたのです。
では価格競争が、複雑な商品展開になってしまったのでしょうか?
それは、国内損害保険会社は販売を代理店制度にたよっているため、代理店手数料という中間コストがかかるのです。そのため、外資系・通販自動車保険に価格競争ではかなわない事は当初より分かっていたことでした。しかしいままで自動車保険会社が頼りにしてきた代理店制度を崩壊させてまで、自動車保険の通販(直販)事業に転換する事はできなかったのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 自動車保険 任意保険2  |  トップページ  |  次の記事 自動車保険の不払問題について2  >