Top >  自動車保険見積もり >  リスク細分型自動車保険の真実

スポンサードリンク

リスク細分型自動車保険の真実

自動車保険で、リスク細分型保険というものがありますが、これは、すべてのドライバーの保険料がリスク細分型を選択することによって安くなることではないのです。
コマーシャルでは、「リスク細分型」=「保険料が安い」というイメージを植えつけているように見えますが、逆にいえば、事故率の高い区分にはいるドライバーは、保険料がいままで以上に高くなる可能性があるということもしっておく必要があります。

結局、ほとんどの保険会社が近年では、リスク細分型自動車保険を取り扱うようになっているので、誰でも保険料が安くなりそうに思えるでしょう。しかしよく考えればリスクが高い場合には従来の保険料よりも高くなる場合もあるのです。そこで、自動車保険に加入する場合は、複数の保険会社に見積もりをしてもらうことが大切になってくるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 損保ジャパンの自動車保険について2  |  トップページ  |  次の記事 自動車保険の等級について1  >