Top >  自動車保険関連 >  交通大戦争―死なないための60のポイント

交通大戦争―死なないための60のポイント

交通大戦争―死なないための60のポイント

新潮社 刊
発売日 1994-07




事故を未然に防ぐマニュアル 2004-07-08
初版が94年、かなり古い本であるが、今はなきフォーカス編集部が取材から得た情報を元に編集された本書は、本当の事故対策というより、車をより安全に使用するためにはどうしたら良いかの「本当の部分」が記されている。
サブタイトルにもある「死なないための60のポイント」とは車を運転することの恐さを示しているが、当時、年間の交通事故死亡者数は一万人を越えていた。救急医療の発達(24時間以後の死亡が増えた)や車自体の性能向上などである程度「ごまかされている」だけで、今でもその数は下らないだろうと思う。
事故対策は、欧州などではあたりまえだが現場での調査をくり返し、その対策に明け暮れることしか対応策はないのだが、その意味ではフォーカス誌がキャンペーンとはいえこの取材に取り組んだことは評価に値するだろう。
第六章にある交通環境に対する指摘は、いまでも「改善」できていない内容ばかりだ、交通事故対策というと行政やメーカーばかりに押しつけられ気味だが、ドライバー自身が一番真摯に取り組まないといけないことなのだ。
当時のフォーカス編集長の田島一昌氏がまえがきの最後に「この本が一助になれば幸いです。」と書いているが、今でも役に立つマニュアル本としてすべてのドライバーに読んで欲しい一冊である。


さらに詳しい情報はコチラ≫


交通大戦争―死なないための60のポイントをご紹介します。 最近、年齢のせいかもしれませんが、どうも疲れやすくなった感じがします。 その時、友達から薦められたのが、この交通大戦争―死なないための60のポイントです。 美容と健康は正しい知識を持って、自分で意識して生活するかどうかで、随分変わってくると思うのです。 この交通大戦争―死なないための60のポイントは大変参考になりました。 解っているようで、解っていなかったことに気づきました。 日本は、戦後、すっと平均寿命がのび、今や世界でも長寿国の1つに数えられるようになりましたが、どうせなら、健康で長生きしたいですね。

ぜひこの 交通大戦争―死なないための60のポイントを読んでみてください。読んで良かったと思えると思いますので…。

 <  前の記事 交通事故、違反、故障 クルマで困ったときに読む本  |  トップページ  |  次の記事 クルマ社会と子どもたち (岩波ブックレット (No.470)) |杉田 聡 /今井 博之  > 

         
  • seo
このページについて

このページは「自動車保険関連GOODS」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。